WEB町長室

真剣で勝負する気構えで

2012年12月5日

「買って安心、使って徳用、ナショナルランプ」
これは、松下電器が創業時に初めて出した新聞広告コピーです。

当時、新聞広告を出すということは、大金を出すということになるわけで
ありますから並大抵でなかったそうですが、たったこれだけのコピーに創
業者の松下幸之助氏は三日も費やしたそうです。

字の太さ、字と字の感覚、周囲から見て字はどういうような感覚になるの
かと、書いたコピーを新聞の上において眺めて、結局、三日を費やしたと
いいます。

たった三行の広告に三日を費やす執念には、感嘆します。

また、松下氏は、会社経営も剣道の試合に喩えております。
竹刀で戦う。
木刀で戦う。
真剣で戦う。

どれも戦うことに変わりありませんが、竹刀や木刀での戦いは、負けるこ
とも勉強だと思えます。
ところが真剣での戦いは、負けは、即、死につながりますからそんな悠長
なことは言っておれません。

ですから、松下氏は会社経営も真剣で試合をしていると思いなさいと諭し
ております。

それに比して私たちはどうでしょうか?
広告を出すコピー一つでも真剣でしょうか?
自分の仕事を、真剣で試合をしているような心持ちで取り組んでいるで
しょうか?

私も自問自答してみますと、せいぜい、木刀でやっているくらいかも知れ
ないと思っております。
お互い、真剣で試合をしているような意識を持つことが大切だと改めて
思った次第であります。