新型コロナウイルス感染症について

管内の発生状況(11月26日現在)

 新型コロナウイルス感染症について、檜山管内の発生状況をお知らせします。

 令和2年11月7日に北海道の警戒ステージ(※1)が「3」に引き上げられ、全道的に感染が広がり、集団感染が数多く発生しています。

 町民皆様やご来町の皆様には、以下の「みなさまへのお願い」に沿った行動をお願いいたします。

 

※1 北海道の警戒ステージについてはこちら

 
                新型コロナウイルス感染症

        みなさまへのお願い
          
《北海道檜山振興局》

 

 檜山管内では、11月26日に新規感染者が7名確認され、集団感染が発生するなど、感染が拡大しております。
 

  感染拡大を徹底して抑え込むため、集中対策期間である12月11日(金)まで、次の対策の実践を徹底願いします。
 なお、赤字部分は新しく追加した対策です。
 


 ○檜山振興局管内在住者及び来訪者のみなさまへ

 ・感染リスクを回避できない場合は、札幌市との不要不急の往来を控える。
 ・札幌市内における接待を伴う飲食店の利用を控える。
 ・感染リスクを回避する行動の更なる徹底。特に飲食の場面での徹底。


 ※感染リスクを回避できない場合の例
  ・新北海道スタイルを実践していない施設等の利用
  ・密閉された屋内にいて、人との距離が十分に保たれない長時間の会合
  ・飲食の場面での、大人数の集まり(5人以上)、マスクをしない大声の会話、
   2時間を超えるような長時間の飲酒

 ・重症化リスクの高い方と接する方及び重症化リスクの高い方においては、マスクの着用、
  手洗いなど
  感染リスクを回避する行動の更なる徹底
 ・発熱や咳があるなど体調が悪い場合に外出を控える
 ・テレワークの推進や時差出勤などの更なる活用
 ・国の接触確認アプリ(COCOA)や北海道コロナ通知システムの更なる活用 など


 ○事業者や施設を管理する団体のみなさまへ
 ・新北海道スタイルなど感染拡大防止対策の更なる徹底 など
 
  感染した方や対策に携わった方など、誹謗中傷により苦しんでいる方がいらっしゃいます。 
  一人一人が冷静な思いやりをもった行動をとるようお願いします。
 
 令和2年(2020年)11月26日

  北海道檜山振興局長  永 山 秀 明
  江   差   町   長  照 井 誉之介
  上 ノ 国 町 長  工 藤   昇
  厚 沢 部 町 長  渋 田 正 己
  乙   部   町   長  寺 島   努
  奥   尻   町   長  新 村 卓 実
  今   金   町   長  外 崎 秀 人
  せ た な 町 長  高 橋 貞 光


 



 

公共施設休館等について(7月1日現在) 

○施設の休館等について

緊急事態宣言の解除に伴い、下記公共施設等が開館・休館の状況が変更となりましたのでお知らせします。
 

 これまでに開館している施設

 ☆5/30から開館する公共施設
  ・スポーツセンター
  ・総合福祉センター
  ・町民図書館


 ☆5/16(土)から開館している施設
  ・道の駅もんじゅ(第三セクター)
  ・夷王山キャンプ場
  ・史跡整備センター

 ☆5/18(月)から開館している施設
  ・天の川ふれあい広場(パークゴルフ場・ゲートボール場)

 ☆5/19(火)から開館している施設
  ・旧笹浪家住宅
  ・勝山館跡ガイダンス施設

 

なお、今後の状況に応じては、再度、休館となる可能性がありますので、状況が判明次第、更新します。


 

 
 

【町民の皆様へ】

 

令和2 年6 月1 日より北海道の緊急事態宣言が解除されましたが、新型コロナウイルス感染症の収束には至っていません。ウイルスとの戦いが長期化する中、引き続き感染拡大防止に向けた取り組みを行う必要があることから、国が示した「新しい生活様式」の実践に向け、北海道では新たなライフスタイルとなる「新北海道スタイル」の定着について呼びかけていす。上ノ国町民の皆様も、ウイルスとの共存に備えた新たな生活の習慣化に向け「新しい生活様式」の実践について、引き続きご協力をお願いいたします。

・新型コロナウイルス感染症対策に関する今後の基本的な考え方


上ノ国町としても、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、「7つの習慣」に取り組みます


・「新北海道スタイル安心宣言」


【新型コロナウイルス感染症に関する情報・予防啓発について】
 新型コロナウイルス感染症に関する情報については、広報3月号特集をご覧ください。

 

【消毒液が手に入らない場合、身のまわりの物が消毒液として利用できます】

 感染拡大予防のために、特に手に触れる部分については、こまめな消毒を行いましょう。
 ただし、現在は消毒液が全国的に品薄となっており、入手できない方も多数いらっしゃいます。そのような場合、感染症情報センターにて家庭用漂白剤を用いた消毒液の作成方法が紹介されています。
 次亜塩素系ナトリウムが成分の家庭用漂白剤を適切な濃度に希釈して、消毒する物の用途にあわせて消毒液を作成する必要がありますので、詳しくは下記チラシを参考にしてください。
(次亜塩素系ナトリウムが成分の家庭用漂白剤【例】キッチンハイター、キッチンブリーチなどがあります)
  • 感染対策と消毒方法(PDF形式:645KB) 出展:家庭・職場における消毒(例)改訂版 感染症情報センター

【関連リンク】

・新型コロナウイルス感染症に関する情報(北海道ホームページ)
新型コロナウイルス緊急事態措置(5月6日更新)

・新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)

・新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)(厚生労働省ホームページ)

・新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)(厚生労働省ホームページ)

・新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報について(国立感染症研究所ホームページ)

お問い合わせ

総務課

ページの先頭へ戻る