上ノ国町に住んでみませんか

人と自然が調和した文化香る町 上ノ国町に住んでみませんか
 
 

町役場所在地

〒049-0698 北海道檜山郡上ノ国町字大留100
  • 飛行機 羽田空港から函館空港まで 1時間20分  函館空港からJR函館駅まではバスで20分
  • JR  函館駅から2時間13分 東京駅から7時間
  • 自動車 函館から1時間40分 札幌から5時間

移住相談 ワンストップ窓口

私たちがご相談に対応させて戴きます。
総務課 企画統計グループ  担当者氏名  竹内・谷口
電話 0139-55-2311(内線)210 ・211

1. まちの概要やセールスポイント

  • 人口 5,811人(H24年1月末)
  • 人口密度 10.6人/k㎡
  • 高齢者比率(%) 32.97%

上ノ国町は道南圏の南方で、渡島半島の南西、檜山管内の最南端に位置し、町土の92%が地下資源と森林資源を包蔵する山地で占められています。平野部は北部を流れる二級河川天野川、南部を流れる二級河川石崎川と清流を有し、海岸部では、延長約30kmにわたり日本海に面しております。
また、標高1071.6mの大千軒岳など海・山・川と贅沢だと思われるほどの自然環境に恵まれ、多くの地域資源が存在しております。

 

2. 住まい情報

  • 田園風景に囲まれた分譲宅地(50区画)があります。詳しくはこちら
  • 空き家情報 (情報掲載に向け現在作業を進めております。)
  • アパート一覧【PDF:27KB】

3. 安心して元気に暮らす

18歳以下の医療費負担が無料

18歳に達した後の最初の3月31日までの乳幼児、児童、生徒、学生などを対象に医療費の自己負担分を全額助成します。(医療保険が適用となる診療分のみ)

妊婦検診の費用を助成

妊婦検診でかかった費用を助成します。妊娠の届出時に「母子手帳」と「妊婦一般健康診査受診票」「超音波検査受診票」(各14回分)を発行します。

妊婦検診の交通費を助成

町で発行した「妊婦一般健康診査受診票」を利用した際の交通費を助成します。
1回3,000円(檜山管内は除く)


  • 診療所 2箇所、歯科診療所 2箇所
    そのほか南桧山第2次医療圏センター病院指定の北海道立江差病院(隣接町)
  • 包括支援センター
  • 特別養護老人ホーム 1箇所、グループホーム 2箇所

安心ハウス(入居一時金が低額で、概ね年金の範囲内で暮らせる食事・介護付きの民間施設) 無

4. 楽しく暮らす

歴史遺産

北海道発祥の地上ノ国町には数々の歴史遺産があり、その代表に「史跡上之国館跡(国指定史跡)」があり、教科書にも載るほど「世界の中世史」に欠かせない史跡です。また、北海道で最古の寺「上国寺(国指定重要文化財)」や北海道で最古の民家「旧笹浪家住宅(国重要文化財)」など多数の歴史遺産があります。

山に囲まれており大自然の恵みをたくさん受け、春は山菜採取、夏から秋にかけて鮎、山女魚などの渓流釣りや七つ岳登山、冬にはスキーを楽しむことが出来ます。

荒波で知られる日本海に面し、魚種が豊富で平目、イカ、ソイ、カレイ、鱈、鮭など高級魚が多数、春から秋まで通して釣りを楽しむことが出来ます。また、鮑、ウニ、海老、海鼠や海草類など海の幸がいっぱいです。

温泉

豊かな自然に囲まれた上ノ国町には、江戸時代末期の探検家、松浦武四郎の記録にも残る「湯ノ岱温泉」と「花沢温泉」の2つの温泉があります。

スポーツ施設

  • ゲートボール場
  • パークゴルフ場
  • 町民体育館

まつり・イベント

  • よってけ市in道の駅もんじゅ(5月連休)
  • 夷王山まつり(6月第3日曜日)
  • エゾ地の火まつり(8月中旬)
  • 秋の味覚祭in道の駅もんじゅ(9月連休)
  • 上ノ國八幡宮例大祭(9月中旬)
  • 上ノ国産業まつり(10月第1日曜日)
  • 食遊祭(1月下旬) 

5. 便利に暮らす

町内には食料品・衣料・雑貨などの基本的な商店がそろっており、コンビニも2軒あります。

 北海道移住促進協議会 北海道暮らし応援します

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

問い合わせ先

総務課企画統計グループ
電話:0139-55-2311 ( 内線 210 )