水道凍結防止(水道の水抜き・水落とし)

 一般的に気温がマイナス4度を下回ると、防寒の不完全な水道は凍ったり、水道管が破裂したりする事が多くなります。思わぬ出費を防ぐためにも水抜きの仕方や装置の場所をご確認ください。
台所・洗面所・水洗トイレなどの凍結防止については、次のとおりです。

台所・洗面所の場合

 水道凍結は、水道管の中にある水が凍結することにより起こります。水道の元栓を閉めて水を止めただけでは、管の中にまだ水が残っているため凍結してしまいます。蛇口を開けて、空気を入れることにより、はじめて管の中の水が抜けていき凍結しなくなります。
ストローを水につけ、ストローの上を指で抑えて引き上げ、指を離すとストローの中の水が抜けていくのを考えると、分かりやすいと思います。
※水落とし(水抜き)をする場合、蛇口より水を出しながら元栓を締めるのが一般的ですが、元栓を締めてから、蛇口を開けても、水道管の中の水は抜けていきます。
 

水洗トイレの場合

  • 流動方式
給水管から便器内に常に一定量の水を流し、ため水をたえず交換して凍結防止をします。
操作は、タンク内の流動分岐栓を開くだけですが、無駄な水を使います。

  • 水抜き方式
栓を止めた後、必ず一度、タンクの中の水を流してください。タンク内の水位を下げないと、タンクの横の給水管に空気が入らず、水が抜けていきません。また、便器内にたまっている水も排水してください
 

町内の水道工事店の連絡先(平成22年4月現在)


 水道管の凍結・故障時にご相談ください。
  • ㈱小林建設  電話 0139-55-2038(大 留)
  • ㈲光土建   電話 0139-55-2305(中須田)
  • 笹浪配管  電話 0139-55-4655(北 村)

問い合わせ先

水道課
電話:0139-55-2311 ( 内線 230 / 231 )