天の川

 天の川は渡島山地の分水嶺に源を発する、自然豊かな流域延長28.6kmの二級河川です。
 天にかかる天の川同様、古くから町の人に親しまれ、上ノ国の歴史を静かに見守ってきました。

★天の川

 町の中央を流れる清流。川釣りのメッカ。とくに7月~8月のアユ釣りシーズンは賑わう。支流の中小河川はヤマメ・イワナ釣りもできる。 中流の中州には、アオサギのコロニー(繁殖地)があると言われ、晩秋には優雅な舞を披露してくれる。

★名前の由来★

 元和四年(1618)キリスト教イエズス会の宣教師ジェロニモ・デ・アンジェリス(イタリア・シシリー島出身)がひどい嵐のため上ノ国の天の川付近に上陸し、陸路松前に向かった。ヨーロッパ人の最初の北海道上陸である。三年後アンジェリスは蝦夷地図を作成しているが上陸した地点に「ツガ」と表記されていたことから、上ノ国の古名ツガ(テガ)の漢字表記「天河」が天の川の名前の由来であると言われています。


 天の川橋

★ロマンあふれる天の川橋★

 橋長は188m、幅員15.5m。高欄のデザインがかささぎが羽を連ねて、橋をつくっている様子が特徴的です。また、街路灯は流れ星のイメージを優しい曲線と直線で表現した濃い緑色の歩道専用の照明灯です。橋の高欄の間にある、黄道12星座の星座絵を浮き彫りにした銅板のレリーフ。夜には、星座を形作る恒星が本物のようにきらきら光ります。


★ギャラリー★

 天の川を中心に、南には「わし座」、中央には「はくちょう座」、北には「こと座」ギャラリーがあります。
 いずれのギャラリーにも、絵画などを展示できるフレームがあり、さらに天井部に6つの星座を焼き付け、小宇宙空間を演出しています。

★彗星像・羽衣像(各2基)★

 天の川両岸にある、橋のテーマを表しているモニュメントです。彗星像は彗星を基調に宇宙の神秘を表現し、羽衣像は牛飼い(彦星)のむちと機織り(織姫)の杼(織機の道具の一)を羽衣に包んだデザインです。彗星像は彫刻家米坂ヒデノリ先生の作品です。

★きらきらお星様公園★ ★のんびりお月様公園★

 天の川右岸にきらきらお星様公園、左岸にのんびりお月様公園があり、四季の花々が訪れた人にひと時の安らぎを与えてくれます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

問い合わせ先

施設課財産管理グループ
電話:0139-55-2311 ( 内線 225 )