【重要文化財】上國寺本堂

 開基を嘉吉3年(1443)と伝える北海道有数の古刹。永禄3年(1560)頃には存在がはっきりするようです。本堂の建立年代は、内陣(ないじん)天井の支輪(しりん)に「宝暦八寅年(ほうれきはちとらどし)」の墨書があること、昭和4年の修理時の板札に「…宝暦七年ニ本堂庫裏(くり)一度ニ建立」とあること、虹梁(こうりょう)の彫刻模様が18世紀に一般的に用いられているものであることから、宝暦七年(1757)か八年(1758)の建立であると考えられます。
 当初は真言宗に属していましたが、江戸時代中期より浄土宗に改宗され現在に至っています。
 北海道における十八世紀に遡る数少ない仏堂建築として貴重です。


平成5年4月20日 文部省指定
管理団体 上国寺

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

問い合わせ先

教育委員会文化財グループ
電話:0139-55-2230