介護予防・介護サービスを受けるまでの手続きの流れ

  • 事前に要介護認定の申請が必要です。

①申請します

 介護や支援が必要になったら役場(健康づくりセンター)へ申請します。

②訪問調査を受けます

 町の職員または町から委託を受けた介護支援専門員(ケアマネジャー)が訪問調査を行い、身体機能や日常生活動作、医療に関することについて調査します。

③主治医意見書

 市町村の依頼により、主治医が意見書を作成します。

④一次判定

 訪問調査の結果をコンピューターで処理し、一次判定をします。

⑤介護認定審査会による診査判定

 保健、医療、福祉の専門家が「一次判定結果」「訪問調査のときに記入した調査票」「主治医意見書」を元にどのくらい介護が必要か判定し、認定結果を通知します。

⑥ケアプラン作成

 本人や家族の希望を聞きながらケアマネジャーが利用限度額に応じてサービス利用計画を立てます。ケアマネジャーは、サービス事業者との連絡調整も行います。

⑦サービスを利用する

 サービス計画に沿って介護サービスを利用します。利用料は、1割が自己負担となります。

※苦情相談
 介護保険に関する苦情(認定結果、介護サービスなど)は保健福祉課へご相談ください。
 対応できない場合は、北海道介護保険審査会や国保連合会へ申し立てすることができます。


認定の区分

要支援1 介護予防サービスを利用できます。
要支援2
要介護1 居宅サービスと施設サービスを利用できます。
要介護2
要介護3
要介護4
要介護5


※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

問い合わせ先

保健福祉課介護・自立支援グループ
電話:0139-55-4460