児童手当について

 児童手当は児童の家庭等における生活の安定に寄与するとともに、時代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

支給の対象

 中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方
 

支給額

 3歳未満            15,000円
 3歳以上小学校終了前      10,000円(第3子以降は15,000円)
 中学生             10,000円
 
※児童を養育している方の所得が法律に定める額以上になった場合、児童1人当たり月額一律5,000円の支給になることがあります。(第2子以降も1人5,000円)
 

支給時期

 毎年6月、10月、2月に、それぞれの前月分までを支給します。
 ※町外への転出する場合などは、上記支給月以外にも支給することがあります。
 

申請手続き
 

出生、転入により新たに受給手続きが生じた場合(15日以内に申請が必要)

【必要書類】
・児童手当認定請求書

・健康保険被保険者証の写し等(請求者が被用者(サラリーマン等)である場合に提出)

・請求者の銀行等の口座番号がわかるもの(配偶者や児童名義の口座は原則使用できません。)
・請求者の個人番号がわかるもの(マイナンバーカードなど)
・この他必要に応じて提出が必要となる書類等があります。(養育する児童と別居している場合等)
 

その他手続き

届出が必要となる場合 届出の種類
・既に児童手当を受給している方で、養育する児童が増えたとき 額改定認定請求書
・既に児童手当を受給している方で、養育する児童が減ったとき 額改定届

・他の市町村へ転出するとき

・児童を養育しなくなったとき

・受給者が公務員になったとき

消滅届

・受給者が町内で転居したとき

・養育している児童の住所が変わったとき

・受給者または養育する児童の氏名が変わったとき

変更届

※手続きは事実の発生した日の翌日から15日以内に行ってください。
 

現況届

 児童手当を受給している方は、毎年6月1日時点における状況について、現況届の提出が必要となります。現況届の提出がない場合は、6月分以降の児童手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。


 

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

問い合わせ先

住民課住民環境グループ
電話:0139-55-2311 ( 内線 267 )